Steamworks ドキュメンテーション
ユーザーレビュー

概要

SteamユーザーはSteamでプレイ記録のある製品のレビューを書いて、製品がおすすめかどうかを知らせるレビューを書くことができます。 多くのユーザーから「参考になった」と評価されたレビューは、製品のストアページやSteamコミュニティ内で表示されることがあります。 肯定的なレビューと否定的なレビューの総計を元にレビュースコアが算出され、過去 30 日間分、および全期間におけるユーザーレビューの概要として製品のストアページに表示されます。

ユーザーにとってレビューは、製品を使用した体験を共有し、ゲームやソフトウェアへのもともとの期待値と合致したかを説明できる便利なシステムです。 ユーザーの期待値は、製品ページのマーケティング、ゲームプレイビデオ、イメージ画像、プレスに送付されたリリース前コピー等によって、様々に設定されます。 レビューは、ユーザーの期待値が正しく設定され、製品がそれを満たしているかどうかを把握するフィードバックを集めるツールとして有用です。

開発者向け規約

ValveはSteam全体を通して、ユーザーレビューから得られるデータに大きな信頼を寄せています。 だからこそ、それぞれの開発者やゲーム側から顧客レビューを依頼することは、ユーザーの利益になるとは考えていません。 これらを踏まえた上で、ユーザーレビューに関して開発者が従うべきルールは以下の通りです。

  • レビューシステムの悪用や人為的操作は行わない。
  • ゲーム、DLC 、金銭などの報酬と引き換えにレビューを依頼しない。 ただし、メディア関係者やネット上の有名人にゲームのコピーを送付し、プレビューやレビューを依頼することは問題ありません。
  • アプリケーション内からユーザーに製品のレビューを依頼しない。

レビューの表示

  • 早期アクセス: 製品が完全版としてリリースされると、早期アクセス中に書かれたレビューにはストアページでマークが付きます。 早期アクセス中に書かれたレビューが、完全版としてのリリース後に更新されると、早期アクセスのマークはレビューから消失します。
  • 無料レビュー: レビューを書くユーザーは、製品を無料で入手した場合、それを明記できます。 メディア向けおよび宣伝用のコピーに推奨されています。
  • リリース前のレビュー: (リリースオーバーライドキーを介して)リリース前に製品のコピーを受け取って書かれたレビューは「リリース前のレビュー」と表示されます。
  • レビュースコア: ストアページのトップには、過去 30 日間と過去すべての 2 つのレビュースコアが表示されます。 レビュースコアには購入されたもののみが含まれます (キーの有効化は含まれません)。

レビューのモデレーション

Steam がユーザーと開発者の両者にとって快適な場所であるために弊社は努力をしていますが、悪用、嫌がらせ、規約違反などの行為を特定することにご協力ください。 不適切なレビューや、レビュー執筆者による悪意ある行為への関わりを見つけた場合には、フラグを付けるようお願いしています。

フラグを付ける

レビューに詐欺、嫌がらせ、暴言などの不適切な内容が含まれていることがあります。 時には、レビューが製品と全く関係がない場合や、Steam ガイドラインに違反している場合もあります。 フラグが付けられるべきレビューは以下のようなものです。
  • レビューそのものが不適切、または暴言が含まれている。
  • レビューの論点が外れている、あるいはゲームやソフトウェア、サービスのレビューではない。
  • レビューが Steam の掲示板、レビュー、およびユーザー生成コンテンツの規則とガイドラインに違反している。

フラグは問題が明らかな場合にのみ使用してください。 迷ったときは、ユーザーによる低評価投票や通報ツールの使用にまかせましょう。 多くの場合、論点の外れたレビューは「役に立った」と評価されないため、多くのユーザーの目に触れることはありません。

フラグを付ける方法:
  1. レビューの見出し部分にある [おすすめ] あるいは [おすすめしません] をクリックして、レビューの詳細を開く。
  2. 右の列にあるオレンジ色の「モデレーター管理」セクションに、フラグを立てるためのドロップダウンが表示される。
  3. 詐欺、嫌がらせ、ユーザーや開発者に対する不適切な内容などが含まれている場合には、[暴言] を選択します。
  4. レビューが製品やサービスと関連がない場合は、[スレ違い] を選択する。 (例: レビュー内容が戦略ゲームではなくアイスクリームになっている場合)。
  5. いずれかを選択すると、確認ダイアログが表示されるので、 [OK] を選択する。 フラグの付いたレビューは Steam コミュニティモデレーターか Valve 社員によって審査され、必要に応じて削除やフラグの除去が行われる。

Valveによる誤評価があった場合

フラグを付けたレビューがValveのモデレーションチームによって解決済みとされ、そこに間違いがあるとお考えの場合には、明確な説明を得るためにご連絡ください。

問題のレビューへのリンクと共に、誤評価の理由を簡単に提供してください。 再度内容を審査して、再審査後の決定とその決定に関する詳細情報を提供します。

レビューへの回答

レビューの中には、重大な情報が欠けているものや、既に解決済みのバグについて言及しているものがあります。 コミュニティ内の話題が脱線しないように、開発者にはそのようなレビューに直接回答することためのツールが用意されています。

回答はレビューを読むことができるすべてのユーザーに公開され、開発者からの公式回答というマークが付けられます。

レビューに直接返信する方法
  1. レビューの見出し部分にある [おすすめ] あるいは [おすすめしません] をクリックして、レビューの詳細を開く。
  2. 右の列にあるオレンジ色の「モデレーター管理」セクションに、[開発公式に回答する]というリンクが表示される。
  3. リンクをクリックすると、回答を入力するためのテキストフィールドが表示されます。 明瞭かつ正確な回答を心がけてください。
  4. この回答は関連レビューの真下に表示され、レビューを見る人は誰でも読むことができます。
すべてのレビューに回答したくなるかもしれませんが、その必要はありません。 開発者からの回答は元のレビューよりも注目を集めることが多く、小さな問題がコミュニティ全体を巻き込んだ大きな議論に発展する可能性があります。 この機能は、顧客の意見を否定するために使用されることは名案ではありません。 開発者やパブリッシャーからの直接の留意は、レビューの妥当性を示したり、顧客の意見に対して守りに入ったととらえられることがあります。

ベストプラクティス

様々な種類のレビューを目にすることとなります。 非常に役に立ち、建設的なレビューもありますが、製品についてのいら立をあらわにしたものや、不完全な評価もあるでしょう。 レビューは、フィードバックのひとつのチャンネルとして使われるべきです。レビューに支配されたり、製品への取り組みからの妨げとならないようにしてください。

  • レビューを読む時間を制限します。 意味のある質の高いフィードバックの要点を抽出した後は、製品への取り組みに注意を戻しましょう。
  • すべてのレビューに返信しないでください。 時には返信して明確にする価値のあるトピックもあるかもしれませんが、公式のコミュニケーションがどのように受け取られるか、よく考えてください。
  • レビュー執筆者と口論しないでください。 コミュニティ内でお互いの質問に答えてもらいましょう。 開発者が回答することにより、反論者を黙らせている、意見を否定していると解釈される可能性があります。
  • モデレーションのベストプラクティスの情報の多くはレビューにも当てはまるので、併せてお読みください。

レビュー荒らし

レビュー荒らしとは、多くのプレイヤーがレビューを利用して不満を表し、レビュースコアを下げ、反応を引き出そうとする状況です。 明らかな対処方法がない場合は特に、不安を感じ、圧倒される可能性もあります。 幸いなことに、レビュー荒らしの影響を管理するために利用できる機能があります。 また、事態の悪化を避けるために役立つベストプラクティスもあります。

対処法

  • メールまたはSteamworksサポートチャンネルを通じてご連絡ください。 さらなる情報を提供し、暴言のフラグや掲示板ハブのチェックをサポートするモデレーターを追加できます。
  • 時間をかけてレビュー荒らしの原因を調べてください。 動いていた機能が動かなくなった、または新たなバグを発生させた場合は、修正に取り組み、否定的なレビューの嵐が収まるのを待つだけでも良いかもしれません。 製品または提供したサービスとは無関係の場合、異常な量のレビューがあった期間が全体のレビュースコアから除外されます。 異常と判断する基準についての詳細はこちらをお読みください。
  • 検閲や、レビュー執筆者との口論はしないでください。所詮勝ち目のない議論です。 いまだかつて検閲や口論で否定的なレビューが止んだ例は無く、逆に増加した例を多く見てきました。
  • チーム内の一人が標的にならないようにしましょう。 コミュニケーションをとる場合は、匿名の開発者アカウントから回答することを検討してください。 このために特別なアカウントを作成し、権限の概要ページから開発者のパートナーグループに追加できます。
  • あなたのチームの精神面および感情面での健康を優先させてください。 レビュー荒らしによる潜在的な損失を測り知ることは困難ですが、このような状況で直面する最大の試練となり得ます。

正常な状態への復帰

どんな場合でも、大量投下と感情的な投稿は数日後には収まります。 Steamはこの期間中のレビューをマークし、顧客にはそれが分かります。 トピずれのレビュー荒らしの場合、それらのレビューは全体的なレビュースコアには反映されません。

レビュー荒らしに関連付けられたレビューの大半は、通常、参考にならないとマークされています。 レビュー荒らしの活動が収束した後に、それらがあなたのレビューフィードに表示される可能性は少ないでしょう。 また、レビュー荒らしと購入の間の関連性もこれまで見つかっていません。

レビューへの API アクセス

APIを呼び出すことで、特定の期間内や、特定の条件に合致するユーザーレビューにプログラム的にアクセスすることができます。 詳細はこちらです。

よくある質問

Q. 私はゲームの開発者です。 レビューに回答できますか?
A. はい。開発者が製品レビューのコメントに投稿すると、開発者からのものというフラグが立てられます。
さらに、特別に提供されている場所を使用すれば、開発者のコメントとしてさらに目立つように表示させることができます。

Q. 私はゲームの開発者です。 製品レビューを削除できますか?
A. 直接はできません。 問題のあるレビューを見つけた場合、フラグを立てることができます。 モデレーターがレビューかフラグを削除するまで、そのレビューはストアページに表示され続けます。

Q. リリース以後、ゲームやソフトウェアに多くの変更を加えていますが、 レビューには反映されますか?
A. ストアページでは、最近書かれたレビューの中から「参考になった」と評価されたものが最も目立つように表示されますので、常にゲームやソフトウェアの最新の状況が反映されるはずです。 古いレビューは段階的に露出が減り、早期アクセス時に書かれたレビューには、それがわかるようにラベルが付けられます。

Q. レビューを書くためにユーザーはゲームを購入する必要がありますか?
A. 購入は必須ではありません。 ユーザーはSteamで起動したことがある全製品のレビューを書くことができます。 ほかのどこかで取得したSteamキーを登録したのか、Steam Free Weekendに参加したのか、無料ゲームをプレイしたのか、ファミリーライブラリシェアリングを使ってプレイしたのかといった違いに関わらず、単にプレイ時間が記録されてさえいれば、ユーザーはレビューを書くことができます。 ゲームのプレイ時間やソフトウェアの使用時間は、ユーザーのレビューの横に表示されます。

Q. ユーザーは否定的なレビューを書くことができますか?
A. はい。 ユーザーは理由を問わず、否定的なレビューでも肯定的なレビューでも残すことができます。 製品に不満があるユーザーや、製品が期待とは異なると感じたユーザーはレビューを書いて、他のユーザーにその製品をおすすめしない理由を伝えることができます。

Q. ユーザーは不適切なレビューを通報できますか?
A. はい、Steamの他のコンテンツと同様、レビューにも不快なコンテンツやスパムを通報する「フラグ」ボタンが用意されています。

Q. 実際のゲームとは関連しないデータや行為に基づいたレビューがあります。 これは認められていますか?
A. はい。 Steamレビューには、ゲームそのものだけでなく、その価値命題、ビジネスのやり方、ゲームのコミュニティに参加した体験なども含めたユーザーの満足度が反映されます。 ゲームによって提供された体験に関するユーザーの満足度を反映しているものとして、これは妥当なフィードバックと考えられます。

Q. ゲームがレビュー荒らしに遭っています。 Steamはレビュー荒らしにタグを付けて、レビュースコアから除外しますか?
A. レビュー荒らし(量と感想の異常な変化)によってスコアに影響が出ている場合、メールかSteamworksサポート経由でValveにご連絡ください。担当チームがレビューを調査し、詳細な情報をお送りします。