Steamworks ドキュメンテーション
SteamVR

概要

SteamVRは、Steamクライアントに含まれるバーチャルリアリティ体験の基礎となるランタイムです。 SteamVRは、ユーザーのPCにヘッドセットが接続されていることをSteamが検出すると、自動的にインストールされます。 手動によるインストールも可能です。

機能

SteamVRはVR体験の以下の領域でユーザーによる管理を許可します:
  • ルームセットアップ-プレイエリアの定義
  • デバイスのステータスと管理-ファームウェアのアップデート、新規デバイスのペアリング、オーディオ設定の変更、ミラーリング、モーションスムージングのようなカスタム機能

システムレポート

システムレポートは、ハードウェアのトラブルシューティングの際に役立つツールで、カスタマーサポートを目的に生成する必要が生じるかもしれません。 SteamVRのシステムレポートを生成するには、「設定」を開いて「システムレポートを作成」をクリックし、「ファイルに保存」をクリックします。

アプリ内購入

SteamVRサポートは、他のSteamアプリケーションと同様に、マイクロトランザクションAPIを使用したアプリ内購入をサポートします。 詳細は、マイクロトランザクション(ゲーム内購入)を参照してください。

SteamVRホーム

SteamVRホームはユーザーがSteamVRを開始する場所です。 プレイヤーはここから、アプリの起動、フレンドとの接続、プライベートロビーや公開ロビー内の様々な環境の探索、クエストの達成、アバターや環境の作成とカスタマイズ、Steamストアやコミュニティの閲覧などが可能です。 SteamVRホームに関してはローンチ告知記事をお読みください。

SteamVRコレクティブル

SteamVRコレクティブルはVRゲームの所有とプレイ時間をもとにプレイヤーに付与される3Dアイテムです。 開発者は、SteamVR環境内における装飾品として使用できるカスタムアイテムを作成し、プレイヤーにドロップできます。

現在、SteamVRコレクティブルは、Valveが手動でインポートする必要があります。 コレクティブルの提出に関するご相談がある場合、ご連絡ください。

SteamVRコレクティブルの詳細はこちらを参照してください。

事業におけるSteamVR

SteamVRは、Steamによって配信され、Steam経由でアップデートを受け取るようにデザインされています。 しかし、例えば企業ポリシーによってSteamクライアントのインストールができない場合など、SteamなしでSteamVRを実行することが望ましい場合があります。 スタンドアロンのインストールによるSteamVRの実行に関しては、vrlicensing@valvesoftware.comまでお問いわせください。

SteamVRオーバーレイアプリ

他のVRアプリケーションの実行中に機能を有効化したり、追加のタブを足したりするような、SteamVRオーバーレイと直接相互作用するアプリケーションを作成することができます。 オーバーレイアプリの構築に関しては、次のOpenVR GitHubページをお読みください:https://github.com/ValveSoftware/openvr/wiki/IVROverlay_Overview

オーバーレイアプリは、「SteamVRオーバーレイを起動」という起動オプションを有効化することで、他のアプリケーションと同様にSteamで配信できます。

以下の2つは、SteamのSteamVRオーバーレイアプリの例です:

OVRDrop:
https://store.steampowered.com/app/586210/OVRdrop/

TurnSignal:
https://store.steampowered.com/app/689580/TurnSignal/